企業の求人に対して、選考においてかなり重要視されている面接は求職者にとってはかなり大事なものとして位置づけされています。

派遣労働者の面接等について
派遣労働者の面接等について

派遣労働者の面接等について

企業の求人に対して、選考においてかなり重要視されている面接は求職者にとってはかなり大事なものとして位置づけされています。アルバイトやパートにおいて、例えカジュアルな印象の服装であっても構わないとされていても、それでも選考の段階での選別を気にする求職者はフォーマル若しくは比較的フォーマルな外見で臨むことが多いとされています。面接についてですが、派遣社員ないし派遣労働者については直接雇用の場合と違ってかなり複雑な関係が成り立っているものとされています。派遣社員の面接等ですが、人材派遣会社等に最初は電話で問合せをすることからスタートとなります。

人材派遣会社等に問合せをする場合、メール若しくは電話ですることになります。ただ、多くの場合、電話での問合せとなっています。電話をする際、派遣会社に登録をするために求職者は派遣会社の担当者とやり取りをすることになります。人材派遣会社では、派遣登録をすることが第二段階となります。この場合、貼り付けする写真が載っているエントリーシートを派遣会社が使用しているときはスーツ姿の写真を貼り付けするのが無難なやり方となっています。派遣労働の場合、正社員や契約社員と違って自由な働き方及び様々な業種や職種を経験することが可能となっています。派遣会社で、担当者とやり取りをする場合は気軽に行うことになりますが、それでもフォーマルな印象の派遣労働者を派遣会社は好ましく思うことが多いとされています。

派遣会社での、就労先は派遣先企業となります。派遣元が求職者である派遣社員に案件を出す際、登録時若しくは登録後に気になる案件が有ったときにエントリーをすることになります。派遣先企業の場合、選考においてエントリーシートの派遣労働者の印象について気にすることがあります。派遣元となる派遣会社が、派遣労働者に対して職場見学等を提案する場合は一次選考に通過したものとみなされます。派遣労働者のこれまでの経験や資格だけでなく、好印象を与えているかどうかについても重視されることになっています。職場見学をする際、派遣労働者は基本的にスーツ姿で臨むべきとされています。短期での案件の場合、カジュアルな体裁でも構わないとされていますが、職場見学についても選考の対象となっていることが多いです。職場見学が出来る場合、派遣先企業は基本的に派遣労働者に対して採用候補に入っていると思うべきです。見学をした後に簡単な面談を行うことがありますが、この際に最終的に就労をするかどうかは派遣労働者に委ねられることになっています。
Copyright (C)2016派遣労働者の面接等について.All rights reserved.